福祉用具専門相談員News Topics

さらなる業界発展に期待したいと思います

2012年05月11日

今回で11回目の福祉用具展が開催されました。技術が進歩し、製作コストが押さえられるようになってきており、昔よりも多機能で安全性も高いものが増えているように感じます。また、それらは単に福祉用具という位置付けに留まらず、生活用具としての機能も考慮されているようで、もっと身近なものになっていけば良いなと思います。

「第11回子どもの福祉用具展2012~キッズフェスタアンダー18~」が開催される。これは18歳以下の子供たちのための福祉用具展で、・・・


サーチナ
(2012年4月28日 サーチナの記事を見る

今後は細かな所までのケアが必要となります

2012年01月13日

仮設住宅へ一時的に入居される方もいれば、今後何年も生活をする方など様々な方がいらっしゃると思いますので、少しずつ入居者の一人一人へのケアも進んでいくことを願います。

東日本大震災の被災者が入居する応急仮設住宅で高齢者や妊婦らから使いにくさを訴える声が上がっていることを受け、県社会福祉協議会が・・・


毎日新聞
(2012年1月4日 毎日新聞の記事を見る

様々な企業の参入を期待したいと思います

2011年11月18日

介護をする方の高齢化も聞かれますので、様々な道具による負担の軽減はもっと必要だけ思います。また、介護をされる側も家族や周りの人への負担が減らせれば、精神面の負担軽減も期待できます。生活のあらゆる場面で少なからず負担を感じている方もいると思いますので、他業種の参入なども進んでいけばと思います。

「福祉フェスティバル2011」(実行委員会、帯広市、北海道社会福祉協議会、十勝毎日新聞社主催)が5日午前10時、帯広市内のとかちプラザで開幕した。「在宅自立で楽しく暮らすために」をテーマに、最新の福祉・介助用具の展示や・・・


十勝毎日新聞
(2011年11月5日 十勝毎日新聞の記事を見る

福祉用具専門相談員ってどんな仕事?

福祉用具専門相談員とは、介護を受ける側と、介護する側の双方の心理を理解し、病状や障害の度合い適切に見極めて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできる専門家です。

詳しくは…"福祉用具専門相談員とは?"

働き方は?

福祉用具貸与事業所という福祉用具の貸与事業(レンタルショップ)で働くのが一般的です。また、他の介護有資格者が利用者に総合的なアドバイスをするために取得することも多いようです。

詳しくは…"従事する職業"

福祉用具専門相談員になるには?

現在は受験資格も試験もありません。
福祉用具専門相談員になるためには、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講することで福祉用具専門相談員になることができます。

詳しくは…"資格取得までの道のり"

資格取得者の声

下永田 克広さん

父の足腰が不自由となり介護が必要になったことから、以前から興味のあった福祉に関係する資格をとってみようと思いホームヘルパー2級と福祉用具専門相談員の受講を決めた。

つづきを読む


 
| 福祉用具専門相談員とは? | 従事する職業 | 資格取得までの道のり | 取得のための勉強法 | 資格取得者の声 | 資格を取得できる学校
| ホーム |
Copyright(C) 2007 fukushi-yougu.net  All rights reserved.